麦茶を放置するとどんな菌が増えるの?

PublicDomainPicturesによるPixabayからの画像

yahooニュースを見ていましたら、”菌が増殖しやすい麦茶の作り方”という記事を見かけまして、

麦茶からどんな菌が増えるんだ?と思いまして調べてみました!













冷茶の何を養分として菌が繁殖するのか?












麦茶の元は大豆の種子から作られているようで、菌が増える理由として

大豆に含まれる成分(たんぱく質、炭水化物、脂質、ミネラル、ビタミン、カルシウム)

と水道水に含まれる成分(塩素、トリハロメタン、鉛、アルミニウム)

は関係あるのかと調べてみたところ特に関係はないようでした!

じゃなぜ菌が繁殖するんでしょうかね。













麦茶に限らず元の水道水が原因だった?












どうやら菌が増える理由として、水道水が原因だったようです!

麦茶の作り方として、水道水を沸かすことで、

水道水に含まれる塩素を飛ばし軟水のような水を作るのですが、

塩素がなくなることで殺菌力がなくなるため、

すぐに飲みきらないと雑菌が湧き食中毒や炎症の原因となるようです!

麦茶に限らず、水道水を使っているものは繁殖するようです!













どんな菌が繁殖しているのか?












水道水の菌には、一般細菌という菌がいるようです!

一般雑菌とは、食品、空気中、人間や動物の体についている雑菌のことで、

日常的な菌なので、水道水に入っているからと言って特に気にする菌ではないようです!













まとめ

菌が繁殖する理由として、麦茶と水道水は関係ありませんでしたね!

繁殖している菌は一般細菌といって、

日常的に触れている菌なので害は無いようでで少し安心しました!

未分類

Posted by bounce